2012年09月07日

バッティング上達の秘訣 軸について

バッティングがうまい人というのは軸がしっかりしている
軸というのは体の足から頭の先までを
一本の棒に例えると分かりやすい

一本の棒があって
上に適当な長さのひもがあって
ひもの先に重りをつけて

ひもを棒にぐるぐるまいていく
そんで棒を一気に回すとひもがそれにつられて回っていく
当然重りも回転する いわゆる遠心力

これがいわゆる軸回転で
手でバット振っても飛ばないのはここに説明できる
いわゆるひもが手なので
ひもだけをまわして 同じだけ重りを回転させようとすると
多分無理

腕っ節が強くても打球は飛ばない 
ボディービルダーが腕の力だけでバット振ってもホームランは出ないでしょう
遠心力による回転
これが大事
ゴルフでも理論が一緒のはずです

体は使

野球バッティング上達のすべて

い方を間違えるとスポーツは上達しませんなあ
posted by ライナーおやじ at 02:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

バッティング上達は知識が必要ぜよ

突然バッティングが上達することなんてあるのか?
答えは  ある 

なぜか?

ただやみくもにバットを振り続ける 素振り
全くとは言いいませんが
あんまり意味がない
意味があるといえば健康によいとは思うけど・・・

ちゃんと考えてバッティングに望むほうがいいとおもうので
あります
同じ時間と体力を使うなら
体の構造をキチンと理解してから
練習すると
何倍もの効果が期待できると確信しております

打球を遠くに飛ばすには?
変化球についていくには?
安定した打率を残すには?

それぞれは独立した手法なんかではなくて
決まった体の使い方の法則があるはずなんです

30歳過ぎてホームランを打てるようになったおっさんが
言うのだから間違いありません
まじおすすめ
http://ikusoujapan.com/
posted by ライナーおやじ at 18:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

バッティングは手で振るものじゃないぜよ

バットって手で振るというイメージだけど
本当に飛距離の出る人は
そこのとこに力入れてないんですよね実際
まず腰です 足と腰で軸って感じで
これよく言われるけど実際にはコツしらないと
難しい
私も以前は手に力入ってて全然打球がまえに飛ばなかったけど
いろいろ実践してるうちに
驚くほど飛距離がでるようになりました

腰の回転というか腹筋のわれ も利用するんだけど
ゴムが伸びたあと縮む感じを利用する
まあフェンスまでまっしぐらでとんでいく
狭い球場ならホームランは誰でも打てると思う
手でバット振ってるようじゃ
絶対に早いスイングできませんからね
これはもう体の構造がそうだからしかたない
参考までに
http://ikusoujapan.com/
posted by ライナーおやじ at 02:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
突然バッティングが上達した秘訣はこちら!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。